Q&A|よくあるご質問


鰻のカルシウム「美骨生活」コラーゲン配合は、どのように飲めばよいですか?
カルシウムは1日にどれくらい必要ですか?
1日に必要なカルシウムを食品として摂取する場合の量は?
カルシウムのサプリメントを摂取する上で注意することはありますか?
カルシウムを摂りすぎると石がたまるの?
イオン化カルシウム剤について教えてください。

鰻のカルシウム「美骨生活」コラーゲン配合は、どのように飲めばよいですか?

「美骨生活」は、顆粒状で、1日1回分をアルミ包装のスティック状になっています。
持ち運びに便利ですので、いつでもどこでも、通常のサプリメント同様に水や白湯で飲む事が出来ます。
通常は朝食後に飲む習慣を付けていて、忘れた時はいつでも結構です。
スティックの端を指で破り、お口に水や白湯を少し含み、顆粒状の「美骨生活」をその上に流し入れて、残りの水や白湯と一緒に飲み込んでください。

「美骨生活」はお料理にも使って、煮炊きしても成分の変化はありません。
ご飯に入れて皆さんで「カルシウム」を摂取出来ます。
普通にお米をといで、通常の水加減のまま2〜3合に、スティック1乃至2本の割合で入れて、よく混ぜてから炊いて下さい。ふっくらとした美味しいご飯が召し上がれます。

その他、お味噌汁や卵焼き、カレー、手作りハンバーグ、煮物などにお奨めです。
尚、コーヒーやお茶など嗜好飲料に混ぜてた場合、それぞれの本来の美味しさと異なることがありますので、お試しになられてからご利用下さい。


カルシウムは1日にどれくらい必要ですか?

厚生労働省の2010年版の食事摂取基準で、アジア人の蓄積量と吸収率のエビデンスが得られ、これまでの目安量でなく、新たに推奨量が示されましたが、性別・年齢によって異なります。

1日に必要な量は下の表の数値(mg/日)となっています。

年齢男性女性
推定平均必要量推奨量推定平均必要量推奨量
1〜2歳350400350400
3〜5歳500600450550
6〜7歳500600450550
8〜9歳550650600750
10〜11歳600700600700
12〜14歳8001,000650800
15〜17歳650800550650
18〜29歳650800550650
30〜49歳550650550650
50〜69歳600700550650
70歳以上600700500600


1日に必要なカルシウムを食品として摂取する場合の量は?

目標量600mgの、カルシウムを摂る方法
下表に、1日当たりに必要なカルシウム量を摂取するための食材をまとめました。
吸収率については無視していますので、実際には2倍以上の摂取が必要となる場合が多いです。

牛乳600cc
大根の葉300g
いわしの煮干110匹
小松菜2把と半分
にしん6匹
木綿豆腐2丁弱
従って、毎日の食事だけで必要量の摂取は難しいのがわかります。不足分は毎日、「美骨生活」などのサプリメントで補う必要があります。
厚生労働省の永年の調査でも日本人は、520mg程度と推奨量に比べて7、8割と不足しています。


カルシウムのサプリメントを摂取する上で注意することはありますか?

1日の決められた摂取目安量は守って下さい。
病院などでお薬を飲んでいる場合は、医者とよく相談して摂取して下さい。
特に骨粗鬆症などの治療中で、ビスホスホネート系製剤(ボナロン、フォサマック、ベネットなど)を服用の方は、食事などから充分なカルシウムを摂取することが必要ですが、この薬はカルシウムとキレートを作り吸収が抑制されるので、薬を服用後少なくとも30分はずらして、摂取して下さい。
又、「美骨生活」には、腸管での吸収を促進させて骨の形成を助ける栄養素の活性型ビタミンD3が基準の範囲内の量で入っています。これにより血中のカルシウム濃度の上昇には影響がないか、九州大学でマウスへの摂食試験の結果、安全である評価を得ています。
服用時、高カルシウム血症が心配の方は、担当医にご相談の上、血中のカルシウム濃度が8.4〜10.2mg/dlの範囲にあることを調べて下さい。


カルシウムを摂りすぎると石がたまるの?

石がたまる病気には、胆石、腎臓結石、尿路結石があるけど、このうちカルシウム結石が原因と言われているのは、腎臓結石と尿路結石で、カルシウムが過剰に排泄されるために起こる病気の一つです。
カルシウムは摂取量が不足すると、血中濃度不足を補おうとすることによって、血中カルシウム濃度は、かえって高めになることがあります。
つまり、血中のカルシウム濃度が低下すると副甲状腺ホルモンの働きで骨からカルシウムが溶け出して、かえって血中にあふれることになることがあり、その結果、血管にカルシウム沈着を起こして、動脈硬化を進めたり、腎臓にカルシウム結石をつくったりする原因にもなるようです。
尿路結石を起こす人が多いと聞きますが、ほとんどはカルシウム結石です。名前だけ聞くと、カルシウムを摂りすぎて石になったように思うけど、実は逆で、このカルシウムの石を予防するには、カルシウムを多く摂取した方がいいとのことです。
尚、厚生労働省の耐容上限量は18歳以上で1日2,300mgとなっていますが、これだけの量を普通にとることは考えられない数字です。又、仮に一度に多く摂取しても吸収率が低下しますので、余分なカルシウムは体外に排出されます。
従って、通常では過剰摂取よりも不足の方を心配すべきでしょう。


アメリカの研究報告によると、カルシウムは
?先天性の高血圧を下げる。
?大腸ガンを予防する。
?血管内の血液凝固を抑制する。
?ホルモンの分泌を促進する。
?心筋の収縮力を高める。
?不眠症などに鎮静効果がある。

といわれ、生活習慣病の予防として毎日欠かさず服用している人が増加しているそうです。


イオン化カルシウム剤について教えてください。

地球上に存在するカルシウムはすべてイオンとして存在していますから「イオン化」という言葉の当てはまる現象は存在しないことになります。
炭酸カルシウムを焼いてできる物質は石灰です。建築材料、漆喰の原料ですね。
石を焼いてできるので「いしばい」と呼んでいました。石灰は貝殻を焼いても作ることができます。日本画の白の顔料の材料にもなっています。畑にまく中和剤としても良く使われていました。
こういうのはすべて1000年程度は使われてきた知識です。
食べたら体に良いなんて思う人はいないでしょう。
むしろ口に入れてはいけないものとして周知されていたはずです。
以前炭酸カルシウムの粉末を飲むというのが広まった時があります。
胃液と反応して溶けます。カルシウムを取り入れるという面では焼いたものを使うよりは安全です。食品添加物として認められている塩化カルシウムCaCl2を使うのも一つの手です。
道路の融雪剤に使う塩化カルシウムの袋には「食品添加物」と書かれているはずです。

サプリメント会社の言いたいことを推定すると...
(1)原材料=貝殻 →天然素材で安心ですよ。
(2)貝殻や魚の小骨などのカルシウムは不溶性で、摂取しても身体への 吸収率は低いですよ。だから、溶けやすい(イオン化?)ものに 変化させています。
(3)骨格のカルシウムだけでなく血液中のカルシウムイオンが必要ですよ。
だから、当社のカルシウム製剤を買ってください。
と云っているものです。

鰻のカルシウム「美骨生活」コラーゲン配合は、九州産の鰻の中骨を分解して、微粉末にしたものを使用したものですので、安心して摂取できるものです。